オススメ品

『ピースフィット極さら』カップ付きインナーはサラサラで締め付け感がなく快適

暑くなってきたらますます下着の締め付けが気になってきますね。

汗をかこうものなら、かゆくなってくるし、とにかく蒸れてる感じがして本当に気持ちが悪いです。

わたしは冬場も後ろにゴムが入ってない、カップが出し入れできるタイプのインナーを愛用しているのですが、夏こそカップ付きインナーの本領発揮です!

暑い夏をサラサラ快適に過ごせるインナー、わたしは毎年イオンのピースフィットを愛用しています。

本当に快適でもう他のメーカーのものに浮気できません。

それくらいお気に入りです。

 

※秋冬用、ピースフィット スムースファクトのレビューはこちら

イオンのトップバリュ『ピースフィット』カップ付きインナーが超ラクでオススメちょっと肌寒くなってきたら、新しい肌着を新調する季節ですね。 ここ3・4年気に入って毎年購入しているインナーがあるんです。 ...

 

ピースフィット極さら とは

ピースフィット極さら汗取りパッド付きカップ付きタンクトップの画像

また今年も新たに『ピースフィット極さら』を新調しました。

昨年は汗取りパッドのないタイプのタンクトップを購入しましたが、今回は汗取りパット付きのタンクトップを購入しました。

生地の組成はポリエステル55%、レーヨン45%で、ダイヤモンドリブ構造という肌側と表側が異なる特殊な編み方をしているので、サラサラで着た時の肌離れがいいです。

肌に触れた感触もヒンヤリして気持ちがいいです。

生地を触ってみると表側の方がツルっとしている感じで裏側の方が凸凹している感じがします。

この特殊な編み方のおかげで、汗をかいたときのベタつき感が軽減されるので、夏の暑い時期もさわやかに過ごすことができます。

カップ付きのキャミソール、タンクトップのほかに、普通のキャミソール、タンクトップ、3分袖/半袖、7分袖/8分袖、ボトムスとたくさん種類があります。

 

※ピースフィットタンクトップ3種のレビューはこちら

ピースフィット3種類をランキング!ベタつかないインナーで暑い夏を快適にボディの締め付けが本当にキライなわたしは、外出するときは一年中イオンのピースフィットのカップ付きを愛用しています。 カップ付きは、...

 

ピースフィット極さら カップ付きタンクトップのおすすめ点4つ

実際にピースフィット極さら カップ付きタンクトップを身に付けてみて感じたおすすめ点は4つあります。

  • 背中側にゴムがないので締め付けがなく快適
  • 胸のカップがメッシュ素材になっていて通気性がよい
  • 汗取りパッドが脇のすぐ下まであるので脇汗をかいたときも安心
  • 価格が良心的

背中側にゴムがないので締め付け感がなく快適

極さらを裏返して背中側を上にして置いた画像極さらカップ付きを裏返して背中側を上にして置いてみました。背中にゴムがありません。

ピースフィット極さら カップ付きタンクトップは、胸に出し入れ自由のカップが入っているだけなので、よくあるモールドカップ付きのタンクトップと違って、背中にまでゴムがついていません。

ブラトップがいくら楽チンとはいえ、背中にまでゴムがあるとどうしても締め付け感があって窮屈だし、ゴムのところに汗が溜まってきて、擦れてかぶれたりもします。

その点、出し入れできるカップ付きのインナーならば、背中側は1枚の布だけで、途中で区切りがないので、風通しもよく、背中の蒸れ知らずです。

さらに胸の方も無理に寄せたりしていないので、こちらも蒸れ知らずで快適です。

胸の支えがほとんどないのは最初心もとないのですが、これを着てひと夏過ごしてしまうと、あまりに快適すぎてもう元には戻れません。

それほど暑い時の快適さったらないです。

胸のカップがメッシュ素材になっていて通気性がよい

春夏用と秋冬用のカップを1個ずつ取り出して並べて置いた画像春夏用と秋冬用のカップをそれぞれ1個ずつ取り出してみました。左が春夏用で右が秋冬用です。素材感がまるで違います。

胸のカップを取り出してみると、春夏用の極さらのカップは薄手のメッシュ素材になっていて、通気性が良さそうです。

秋冬用のカップを出して比べてみると、大きさは変わらないのですが、素材と厚みが全然違います。

秋冬用の方はカップの生地もツルツルした肌触りで、中身はスポンジ素材で厚みもしっかりあるのですが、極さらの方のカップはメッシュ素材で厚みもありません。

汗をかいても通気性がよいので、カップの中に汗が留まりにくく、サラッと過ごせます。

汗取りパッドが脇のすぐ下まであるので脇汗をかいたときも安心

極さら 脇の汗取りパッド部拡大画像黒くて見にくいですが、脇の汗取りパッド部分です。結構大きめのものが付いています。

汗取りパッドつきを初めて買ってみたのですが、汗取りパッドが脇のすぐ下まであるので、脇汗をかいても安心です。

普通のタンクトップだと脇の下が直接袖に当たってしまい、服に汗ジミができる可能性がありますが、汗取りパッドがついていると汗ジミが軽減できます。

汗取りパッドがないと、服に直接付いた汗が乾いてきたときにニオイを放ったりしないか心配になりますが、汗取りパッドでワンクッションあると、ニオイも軽減できそうで安心です。

しかも、脇のすぐ下まで布があるので、今まではみ出ていたワキ肉もうまい具合にカバーされて、腕の付け根の見た目もスッキリします。

タンクトップだけのシルエットを見ると、汗取りパッドの部分の存在感があって着たときに違和感があるんじゃないかと少し心配でしたが、着てみたら体のラインがスッキリ見えるといううれしい誤算があったので、より一層気に入ってしまいました。

価格が良心的

極さらカップ付きの値札タグの画像

ピースフィットは価格が本当に良心的です。

カップ付きのタンクトップは本体価格1,280円、税込で1,408円とセールでもないのに1,500円を切って非常に買いやすいお値段です。

お客様感謝デーに合わせて買いに行けば、10%オフでさらにおトクにゲットできます。

ピースフィット極さらカップ付きのイマイチな点

極さらのカップを出して胸の位置に置いている画像カップを出してみました。丸型のカップが入っています。

秋冬用のピースフィットを着た時はそんなに思わなかったのですが、極さらは胸のカップが薄すぎてカパカパします。

薄いしメッシュ素材なので、通気性もよさそうだし、乾きも早いのはありがたいのですが、胸の形には合っていません。

薄い丸いカップはトップを隠すためだけにあるんだと割り切って着用することが大事です。

普通のタンクトップ1枚では外には出られないけれど、こちらのカップ付きなら普通のタンクトップ感覚で着られるのに外にも出られるというところが利点なのですから。

それくらいゆるーく着られるインナーなので、少々カップがカパカパしてもご愛敬なのです。

もちろんホールド感はないので、きちんと胸の形をキープしたい人には向きません。

進化し続けるピースフィット極さら

昔のピースフィットの画像 左胸のカップを外に出しているカップは半月型何年か前のピースフィットです。古くてヨレヨレでスミマセン。カップは半月形のものが入っていました。

ピースフィットを着始めてもう何年も経ちますが、どんどん進化しています。

買い始めた頃のものは、素材もレーヨン62%、ナイロン30%、ポリウレタン8%と今のものとは全く違っていました。

今の極さらは生地が本当にサラッとしているのですが、昔のものは比較的しっとりしています。

カップの形も変わってきていて、今は丸型ですが、昔のものは半円形のカップが入っており、夏冬ともに同じ素材のカップでした。

一見、半円形のカップの方がいいような気もしますが、洗濯しているうちにネットに入れて洗っていても、カップの向きが微妙に変わってしまい、着るときにいちいちカップの向きを直さないといけないのが意外とストレスでした。

しかもしまいにはどの向きが正しいのか分からなくなってくる始末です。

その点丸型だと、カップの向きを気にしなくてもいいので細かいことを気にしなくてもよくなり、本当にラクになりました。

肌触りも昔より断然サラサラで汗のベタつきもなくなってきているし、カップの形や素材も見直されて、年々よくなっていると思います。

どんどん改良されて進化が止まりませんね。

ピースフィット極さらカップ付きは締め付け感なくて超快適

極さらカップ付き汗取りパッド付きの画像

年々改良が施され、進化し続けているピースフィット極さら。

特に下着の締め付けが苦手なわたしには絶対に欠かせないアイテムになっています。

サラサラで汗をかいてもベタつかず、背中側にゴムがないだけでこんなにも暑い夏が快適に過ごせるんだと感じること請け合いです。

窮屈なゴムの入ったブラトップしか知らない人に本当におすすめしたい。

ラクさを求めているのにそんなにきっついゴムのブラトップでいいんですか?

もっとラクで風通しのいい快適なカップ付きタンクトップがありますよ。

ピースフィット極さら カップ付きタンクトップ、おすすめです。