Warning: The magic method InvisibleReCaptcha\MchLib\Plugin\MchBasePublicPlugin::__wakeup() must have public visibility in /home/mican0141/micantanblog.com/public_html/wp-content/plugins/invisible-recaptcha/includes/plugin/MchBasePublicPlugin.php on line 37
カルディ『もへじ トンテキの素』コクのある甘辛ソース味が白ご飯に合う 簡単に作れて時短|micantanblog

※本サイトはプロモーションが含まれています

オススメ品

カルディ『もへじ トンテキの素』コクのある甘辛ソース味が白ご飯に合う 簡単に作れて時短

いろいろな国の食材が手軽に手に入るカルディコーヒーファーム。

カルディに行くと、いつも新しい商品が入荷していてワクワクしますよね。

毎日のおかず作りを少しでもラクにするために欠かせない『○○の素』が好きなわたしは、新しくてお手頃価格のものを見つけるとついつい手に取ってしまう習性があります。

今回もナイスでとってもおいしい一品を見つけたので、ご紹介しようと思います。

『もへじ トンテキの素』です!

もへじ トンテキの素と出会う

もへじトンテキの素のパッケージ画像

とんかつ用の肉を買ったときは、衣をつけるのが楽になったこともあって、最近はとんかつばかりを作っていました。

一度気に入ったらワンパターン化してしまう悪い癖です。

 

ラク揚げパン粉を使えば面倒な揚げ物が超カンタンにできる!とんかつを作る時、みなさんどうしてますか? ただでさえ揚げ物って面倒なのに、カツやフライになるととたんに揚げ物のハードルが上がって...

 

そんな時に出会ったのが、『もへじ トンテキの素』でした。

直積みしているトンテキの素の山が目に入ってきたのと同時に、わたしの手は自然とトンテキの素をカゴに入れてしまっていました。

パッケージの写真もお肉がソース照り照りで本当においしそうだったんです。

これいいやん。メッチャおいしそうやん。やっぱり1回は試してみないと。

ワンパターンからの脱却です。

値段も1袋税込230円で、わたしの大好きなクックドゥよりは割高感はありますけど、買ってみてもいいかなっていうお値段です。

トンテキの素を使って作ってみる

トンテキの素 中身の小袋2つ並べて出した画像

トンテキを早速作ってみました。

袋を開けると、中には下味まぶし粉と特製ソースが1袋ずつ入っていました。

パッケージには2~3人前と書いていますが、いつものように強引に4人分作ります。

作り方は豚肉に下味まぶし粉をまぶした後、フライパンで焼き、添付のソースを絡めてできあがりという非常に簡単でありがたいものです。

とんかつ用の肉を筋切りして、下味まぶし粉をまぶす

下味まぶし粉をつけてフライパンに入れたところ

下味まぶし粉は小袋に入っていますが、1袋15gです。

下味まぶし粉をいったんビニール袋にドサッと入れてから豚肉を入れて袋の口を閉めてまぶしつけようと思いましたが、小袋に入ったまぶし粉を見るにつけ、豚肉4枚に十分にいきわたるのか不安になりました。

なので、1枚ずつ粉をちょっとずつ出しながら薄ーくつけていき、どうにかギリギリ4枚分粉をつけることができました。

下味まぶし粉自体は、少しニンニクの風味がするのと、コショウの香りもします。

粉は風味付けといった感じで、香りはしましたが、ちょっと指に取って舐めてみたところ、普通に粉の味でした。

粉を付けた豚肉を焼き、添付のソースを絡めてできあがり

焼いた豚肉にソースを絡めているところ

頑張って薄ーく下味まぶし粉をつけた豚肉を大さじ2杯ほどの少し多めの油で焼いていきます。

まずは片面を強火で焼き、焼き目がついたら裏返してフライパンにフタをして、弱火で豚肉に火が通るまで焼きます。

油が豚肉から出てきてフライパンの中の油の量が増えてくるので、フタを取るときはフライパンと水平に取るようにしてくださいね。

斜めに傾けてフタを取ってしまうと、フタの裏についた水滴がフライパンの中の油に入って、メチャクチャ盛大にはねてしまい非常に危険なので気をつけてください。

豚肉に火が通ったら、一度フライパンから取り出して、食べやすい大きさにカットして、フライパンの油をキッチンペーパーで軽く拭き取り、カットした豚肉を戻します。

ソースの袋はよく振ったあと、はねないように、いったん火を止めてから入れます。

ソースの量は豚肉4枚使っても十分全体に行き渡ります。

ソースを入れたらまた火をつけ、豚肉とよく絡めたらできあがりです。

コクのある甘辛いソースが白ご飯とよく合う!

トンテキを一切れ箸上げしている画像

豚肉に粉をまぶして焼いているので、ソースにとろみが出てよく絡んでます。

照りも出てツヤツヤして見た目もとっても食欲をそそります。

ひと口食べると、まずウスターソースの香りがふわっと広がります。

その後を追っかけるようににんにくの香りもふんわり広がって、香りも食欲をそそります。

豚肉に下味まぶし粉をつけて焼いているので、お肉のおいしさがギュッと閉じ込められて、ジューシーで柔らかなお肉に仕上がってます。

ソースもウスターソースのほかにたまり醤油、豆みそ、おろしにんにく、おろし玉ねぎが入ったソースなので、ふつうのウスターソースよりコクがあって、パンチの効いたお味です。

こんがりカリッと焼き上げたお肉に火を入れたソースの甘辛くて香ばしい香り…

もう間違いなくお肉一切れで白ご飯3杯はいけるヤツです。

トンテキの素を使えばおいしいトンテキが時短でできる

もへじトンテキの素で作ってお皿にレタスと盛りつけた画像

トンテキの素を使うと、本当に簡単にトンテキを作ることができました。

お肉に塩コショウなどの下味をつけるのが地味に面倒くさかったりするのですが、素を使えば、付いている粉をまぶしただけで、すぐフライパンで焼くことができます。

ソースもいちいち調味料を自分で混ぜなくてすむので、味も間違いないし、ソースを絡めるだけでいいので簡単です。

とんかつのように多めの油を使ってお肉を揚げなくてもよいので、後片付けも手間いらずです。

急いでご飯を作らないといけない時や、やる気がイマイチ出ない時、トンテキの素を使えば、パッと見豪華なご飯がすばやくできるので、本当に助かります。

ご飯をたくさん炊いて、この際何杯もおかわりしてもらいましょう!

ぜひ、『もへじ トンテキの素』使ってみてください。手放せなくなりますよ。