オススメ品

カルディ『塩バタかまん』カマンベールチーズクリームと塩バタークッキーが絶妙にマッチ

いつものようにカルディに行ってみると、段ボール直積みでドーンと販売しているお菓子がありました。

POPに『やっと再入荷』『超人気』の聞き捨てならない文字のオンパレード。

そんなにカルディの民に待たれていたお菓子ってどんなお菓子なんだい。

踊らされてると言われてもいい。

一度は食べないといけないでしょ。

塩バタかまん』やっとゲットできたので遅ればせながら食べてみました。

『塩バタかまん』とは塩バタークッキーにカマンベールチーズクリームをサンドしたお菓子

塩バタかまんのパッケージ画像

塩バタかまん』とは、フランス産のロレーヌ岩塩を使った塩バタークッキーに、カマンベールチーズ風味のクリームをサンドしたお菓子です。

パッケージの手書き風のイラストがかわいい。

袋を開けると中には12個個包装のクッキーが入っていました。

カルディでは1袋税込198円

その後に立ち寄ったスーパーでは1袋税抜で198円で売っていました。

ややこしいですね。

『塩バタかまん』は、カルディだけの取り扱いではないようで、普通にスーパーでも売っていました。

棚置きされて周りになじんでいたので今まで気づかなかったんですね。

小皿に乗せた塩バタかまん1個と左にアイスコーヒーの画像

パッケージの上下にあしらわれた青のラインと、個包装の両端の赤いラインがフランス国旗のトリコロールカラーを意識しているのでしょうか。

そこはかとなくお洒落です。

製造者の欄を見たら、宝製菓でした。

宝製菓、懐かしい。

宝製菓は創業70年の老舗菓子メーカー

塩バタかまん裏面原材料名の画像

宝製菓は昭和21年創業のかなり老舗の会社です。

昭和21年といえば、第2次世界大戦が終わった次の年ですよ。

創業70年。すごいですね。

ビスケット作り一筋で現在も頑張っていらっしゃいます。

アラフィフのわたしにとっては、宝製菓といえば『ニューハイミックス』のイメージです。

わたしが子どものころからあったはずです。

チョコ味、バニラ味などいろいろな味のクリームがレトロな柄のビスケットにサンドされていて、それぞれおいしかったのを覚えています。

昔はキャンディタイプの両端がネジネジの個包装だったような気がします。

母が仏壇のお供え用のお菓子によく買ってきていたのを思い出します。

そんな、わたしの中で懐かしのお菓子メーカーだった宝製菓がまだまた頑張っていて、新しくこんなステキなヒット商品を出してくるなんて。

感慨もひとしおです。

『塩バタかまん』実食

見た目はコロンとしていてかわいい

お皿に乗せた塩バタかまん1個の画像

個包装を開けてみると、コロンと丸いシルエットのクッキーが出てきました。

直径は3.8㎝と小ぶりですが、厚みが1.8㎝ほどあります。

ポッテリしていて超かわいい。

塩バタかまん栄養成分表示の画像

クッキー1個あたりのカロリーは57キロカロリー。

クリームをサンドしてあるせいか、カロリーはプレーンなバタークッキーよりも高めです。

 

↓プレーンなバタークッキーのオススメはこちら

オススメのバタークッキーランキング5選 スーパーやコンビニで気軽にゲットクッキーにもいろいろ種類があります。 チョコチップクッキー、クリームサンドクッキー、ジャム入りクッキー、ナッツ入りクッキー...挙...

 

クリームサンドクッキーは2つに分けてしまいがち

塩バタかまんを2つに分けて斜めに重ねた画像

封を開けたとたんにチーズの香りがふんわり漂ってきます。

クリームサンド系のクッキーあるあるで、クリーム部分を境に2つに割ってしまいがちです。

クッキーがちょっと固めでしっかりしているので、2つに分けるのもイージー。

1枚で2枚分楽しめる、そんな気分になりおトク感も満たされます。

 

↓2つに分けてしまいがちなクリームサンドものはこちらにも

プレッツェルサンド クラシックバニラがパリッと香ばしくて飽きないおいしさ!日々買うものってだんだんワンパターン化してきますよね。 お菓子だってそうです。 いつも同じ顔触れのお菓子を買っていたら、悲し...

 

クッキーの塩味がカマンベールチーズクリームのささやかな甘みを絶妙に引き立てる

塩バタかまんの断面画像

クッキー部分はサクサクでおいしい。

そしてサクサクの中にたまに感じる塩のツブ感

バターの風味と相まって、クッキーだけで食べてもイイ感じです。

いっぽう、カマンベールチーズクリームは甘さ控えめのあっさり味。

チーズのコクはありながらも甘さが抑えられているので、いくらでも食べられそうです。

そして、カマンベールチーズクリームとクッキーを一緒に食べると、おいしさは倍増します。

クッキーのサクサクが塩の粒を感じてちょいジャリに変わる瞬間に、カマンベールチーズクリームと反応して、クリームのささやかな甘みを引き立てます。

クリーム単品で食べた時はあっさりしていてそんなに甘くなかったのに、塩味と一緒になることでこんなにもしっかりした味になるんですね。

食べている間もチーズの香りがしっかり漂っているので、さらに濃厚なチーズの味わいが楽しめます。

甘みと塩味の絶妙なるマッチングでどんどん食べ進められます。

やっぱり甘じょっぱいは最強なんだなぁ。

『塩バタかまん』控えめな甘さと塩味のハーモニーが絶妙でハマること間違いなし!

プレイスマットの上に左から時計回りにアイスコーヒー、塩バタかまんの袋、小皿に乗せた塩バタかまんの画像

塩バタかまん』、甘みと塩味のバランスが絶妙でカマンベールチーズの風味も豊か。

クラッカーとチーズの組み合わせはよく見るパターンですが、クッキーとチーズの組み合わせは初めて見たような気がします。

塩味を効かせたクッキーだったから成り立ったコラボだったのかな。

とってもおいしくいただきました。

人気すぎてなかなかカルディの店頭に並ばなかったのも分かるような気がします。

暑くなってきても、カマンベールチーズクリームがあっさり目なのでくどくなく、冷たいコーヒーや紅茶のお供にいいですよ。

チーズの風味が豊かなので、ワインのお供にもいけるクッキーです。

塩バタかまん控えめな甘さと塩味の絶妙なハーモニー。

一度食べたら完全にハマること間違いなしです!