不登校

転入で通信制高校に入ったら受講登録には注意が必要

晴れて4月から、息子が公立の通信制高校に転入することができました。

通信制は全日制と違って単位制なので、まず最初に自分で受講する科目を選んで、受講登録をしないといけません。

通信制の最初の難関、受講登録はどうやって進めていくのか、それについて書こうと思います。

 

公立の通信制高校に決めた4つの理由高校2年の夏休み明けから不登校で学校に行けない生徒たちが通う学習支援センターに通い始めた息子。 学習支援センターに通える期間は6か...

 

受講登録をする

入学式の次の日から3日間ほど受講登録できる期間があるので、学校に出向いて早速受講登録をします。

自分のすでに取得している単位のリストが発行されているので、それを見ながら担当の先生と一緒に話し合って未修得の単位を取れるように自分で科目を選んでいきます。

高校卒業に必要な単位数は74単位です。

息子の場合は2年生修了時にすでに60単位ほど取っていたので、あと最低14単位取ることができれば卒業できます。

必修科目と特別活動を取り漏らすことのないように気を付けて科目を選ばないといけません。

必修科目と特別活動の単位をうっかり1単位でも取り漏らすと、卒業できなくなってしまうので、ここは何度も確認して間違いなく単位が取れるようにします。

必要のない科目が受講登録リストに入っている?

受講登録は息子がひとりで学校に行って先生と決めてきたのですが、息子が家に帰ってきて受講登録リストを見せてもらって早速びっくりしました。

息子は大学受験をするつもりです。理系です。

リストを流し見したところ、受験に明らかに必要のない生物、世界史、美術、音楽などが入っており、肝心の受験に必要な科目がほぼ入っていませんでした。

わたしも単位制の受講の仕方については初めてのことで詳しくはありませんでしたが、あまりにも必要のない科目ばかりが登録されていて、高校3年生の1年間、受験と関係のない勉強ばかりしないといけないのも謎だったので、早速学校に問い合わせてみました。

転入学した人が受講登録する際の注意点

学校にひとまず電話で問い合わせてみたところ、次のように説明を受けました。

これは息子の高校の場合です。

  • もう履修済みの科目は再履修できない。
  • 必修科目はほぼ取れているので、選択科目から選ばないといけない。
  • 受験に必要な数Ⅲなどは定時制(息子の通う高校には通信制の他に定時制もある)の科目になるので、初年度は履修できない。2年目から定時制の授業も希望があれば受けることができる。

もうすでに2年生修了の時点で、必修科目がほぼ取れてしまっていることが、今回の受講登録の不必要と思われる科目が大発生している理由でした。

もし大学受験の際、学校推薦を受けたいのならば高校卒業に必要な74単位ギリギリでは推薦しづらいので、もっと多めに履修した方がよいということでした。

必修単位はほぼ取れてしまっているし、通信制の受講できる科目の中から選ぶとなると、生物や世界史など受験には必要のない科目しか登録できる科目が残っていないという状態だったのです。

先生からしてみれば、学校推薦で進学した方が合格する確率が高いだろうということで、良かれと思って受講登録してくれていたようでした。

受講登録をやり直す

大学受験で学校推薦を受けるにはある程度の評定が必要となりますし、出席日数、日頃の生活態度などもろもろの条件があります。

しかし、前高校の2年間、ほとんど学校に行っていなかったので、学業成績も学校生活の面でも評定は良くはなかったし、あと何年か新しい高校に通うならともかく、1年で卒業するつもりだったので、推薦ははなから考えにありませんでした。

先生に受験の際、学校推薦は考えていないこと、自分の志望校の受験勉強に力を入れたいので、受験に必要ない選択科目は取らないこと、もし単位を取りこぼした時のために、残りの必要単位数ギリギリに少しだけ上乗せして受講登録したいということを伝えました。

先生と相談しながら決めた結果、どうしても取らなくていい科目も取ることにはなってしまいましたが、無駄のない登録ができました。

保護者も一緒に受講登録の内容を考えよう

全日制の時は、すでに学校側が決めたカリキュラムに沿って学習を進めていけばよかったものが、通信制になるとだいたいが単位制なので自分自身で判断して受講すべき科目を決めないといけません。

1年生の最初から通信制に入学したのなら先生の言うとおりに科目を選んでもよいかもしれませんが、途中から転入もしくは編入となると、もうすでに修得した単位があるし、進学か就職か進みたい方向も決まりつつあるので、それを考慮に入れつつ自分で決めていくのが大事です。

初めて自分で学習する科目を決めていくので、子どもだけだと全くどうしていいか分からず、先生のすすめるままになってしまうことが多いと思うので、普段から親子でどういう進路を選びたいか話し合い、それに沿って一緒にリストを見ながら登録科目を考えるとよいかなと思います。

でもまさか、前籍校でほぼ必修科目を履修してしまっていたことが、高3になって通信制に転入したことで英語や数学、国語などの毎日でも勉強しておきたい科目がほぼ受講できなくなってしまうとは全くの想定外でした。

高校は卒業するためと割り切りますが、受験勉強はそもそも基礎学力に不安があり、独学では間に合いそうにないので、予備校か塾を探そうと思いました。

大変ですが、頑張っていきましょう。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です