ふるさと納税

【ふるさと納税】エンペラーサーモンは肉厚で脂の乗りよし!シンプル調理でも激ウマ

ふるさと納税とは、1月から12月までの寄附金額の合計金額が自分の控除上限額を上回らなければ、実質2,000円の自己負担でいろいろな自治体の特産品が手に入れられる制度です。

やっぱりふるさと納税をするなら、いろいろな自治体のおいしいものを食べてみたいですよね。

なかなか直接訪れるチャンスがないので、家で旅行気分だけでも味わいたい。

お肉や海鮮、果物や米など、旬の食べ物がよりどりみどりで目移りしちゃいます。

せっかくだから失敗したくないですよね。

お肉よりも海鮮の方が当たり外れが大きそうなイメージです。

選ぶのが難しそうな海鮮の中でも今回わたしが申し込んだのは、北海道白糠町のエンペラーサーモン

大当たり!!

量よし、品よし、味もよしと3拍子揃っていて、家族全員大満足でした。

パーフェクトおすすめです!

ふるさと納税とは何か?ふるさと納税をする5つのメリットみなさんはもう、ふるさと納税やってますか? だいぶ前にテレビで一時話題になっていたけれど、何がどうおトクなのか分からなくて、わたし...

 

北海道白糠町 エンペラーサーモン1㎏の返礼品情報

わたしがふるさと納税をした、北海道白糠町エンペラーサーモン 1㎏の返礼品情報です。

楽天ふるさと納税、ふるさとチョイス、ふるなび、ふるさとプレミアム等々ほとんどのふるさと納税サイトで申し込み可能です。

すでに楽天会員であれば、楽天ふるさと納税を利用すると面倒な個人情報の登録なしにふるさと納税ができます。

スーパーセール、お買い物マラソンなど、ポイントアップのチャンスもたくさんあるのでおトク度アップですね。

名称エンペラーサーモン
寄付金額10,000円
内容量1000g
原材料名アトランティックサーモン(ノルウェー産、養殖)、水飴、食塩、醸造調味料/調味料(アミノ酸)、酸化防止剤(V.C、ブドウ種子抽出物、チャ抽出物)、pH調整剤
賞味期限製造日から冷凍で1年間

解凍後 冷蔵庫保管
開封の場合→翌日
真空のまま→3日

配送方法冷凍
申込受付期間通年

楽天ふるさと納税でチェックしてみる

さとふるでチェックしてみる

 

※さとふるでの申し込みのやり方は、こちらをご覧ください。

『さとふる』でのふるさと納税のやり方 返礼品が豪華でおトク年間実質2000円の自己負担で、いろいろな自治体の特産品がゲットできる『ふるさと納税』。 ふるさと納税サイトを開くと早速目に入って...

 

エンペラーサーモンとは

 

ふるさと納税 エンペラーサーモン1㎏の画像

キングサーモンを超えたサーモンとして『エンペラーサーモン』と名付けられたようです。

エンペラーサーモンの特長は4つあります。

  • ノルウェーで養殖されているアトランティックサーモン
  • 特別な餌を与え、過密養殖を避け、より自然な環境で育てられることにより、健康的に育っている
  • 脂質を持ちながら、鮭本来のうま味も楽しめる
  • 独自の製法で軽めに味付け、軽乾燥工程を施すことで身締まりがアップし、濃厚に仕上がっている

サーモン自体はノルウェーで養殖されているようですが、製造・加工を白糠町にある工場で行っているとのことです。

アトランティックサーモンは低水温での養殖が必要なので、日本の海上で養殖するのは難しいんでしょうね。

北海道白糠町のエンペラーサーモンのよかったところ3つ

エンペラーサーモン1㎏ 未開封梱包画像

待ちに待ったエンペラーサーモンがとうとう届きました。

申込日8月3日
到着日8月27日
内容量1㎏(小分けパック4袋)
賞味期限2021年6月30日

通年申し込めるだけのことはあって、申し込み後3週間ほどでのお目見えです。

前回のシャインマスカットが、まだ時期前に申し込んでいたこともあり、申し込みから到着まで3か月ほどかかっていたこともあって、今回のエンペラーサーモンはなおさら早く感じました。

もちろん冷凍便で届いてます。

北海道白糠町のエンペラーサーモンは、刺身でよし、焼いてもよし、どんな食べ方で食べてもバツグンにおいしかったです。

エンペラーサーモンのよかった点を3つ挙げてみます。

  • 小分け真空パックなので使いやすい
  • 賞味期限が1年近くと長いのですぐ食べきれなくても大丈夫
  • 肉厚で脂がのっていてシンプル調理で十分おいしい

小分け真空パックなので使いやすい

エンペラーサーモン 中身立てて厚みが分かるように置いた画像

発泡スチロールの箱を開けると、小分け真空パックされたエンペラーサーモンが4つ、ドーンと入っていました。

1つ1つのカットが大きい!

そして肉厚!

皮もきちんと引いてあって調理もしやすい。

小分けで真空パックされているので、使う分だけ解凍すればいいのもありがたい。

1㎏分まるまる1カットで大きなまま冷凍されていても食べるときに一度に解凍しないといけなくなるので、正直困りますよね。

1パック250g程度のサーモンブロックが4パックというところがまた絶妙です。

1回1パックずつ使えば、おいしいサーモンが4回も晩ご飯で楽しめます。

賞味期限が1年近くと長いのですぐ食べきれなくても大丈夫

エンペラーサーモン外箱 賞味期限表示の画像

賞味期限が1年近くと長いのもうれしい。

冷凍庫で保管しておけば1パックずつゆっくり食べられます。

真空パックされているので、冷凍焼けの心配も少なくすぐに食べきれなくても大丈夫。

長持ちするので、安心してちょっとずつ楽しむことができます。

肉厚で脂がのっていてシンプル調理で十分おいしい

エンペラーサーモンレアステーキの画像

もともとのサーモンがおいしいので、シンプルな味付けで十分なのもうれしい。

余計な味付けは必要ないです。

シンプル・イズ・ベスト。

わたしにとっては好都合。

料理が上手くなくても、時間をかけなくても十分おいしいんですから。

楽天ふるさと納税でチェックしてみる

さとふるでチェックしてみる

 

エンペラーサーモンで2パターン料理を作ってみる

エンペラーサーモン 食べ方のリーフレットの画像

エンペラーサーモン軽く味付けされていますが、刺身でも、焼いて食べてもオッケーです。

ちなみにエンペラーサーモンの箱の中に入っていた説明書きに、おすすめの食べ方が書いてありました。

  • サーモンサラダ・カルパッチョ
  • レアステーキ
  • ムニエル
解凍したパックに入ったエンペラーサーモンの画像

わたしは、もちろんレアでも火を通したものでも味わってみたかったので、2通り作りました。

  • 漬け丼
  • レアステーキ(おすすめされているので言うこと聞いてみた)

調理する日の朝に冷凍庫から冷蔵庫に移動させて解凍しておきます。

真空パックの袋を開けても、ドリップはほとんど出てきません。

加工の段階で軽乾燥工程が施されることで、身締まりがよくなり、ドリップが出にくくなっているようです。

晩ご飯を作るころにはちょっとシャリっと感が残るくらいに解凍されていてイイ感じになってます。

しかし、カルパッチョとか薄く切らないといけないものは、もう少し解凍時間を短くしたほうがいいかもしれません。

説明書きには、真空袋のまま冷蔵庫で2時間を目安に調整すると半解凍状態になり、中心が硬くやや力は必要ですがキレイにカットできると書いてありました。

漬け丼を作ってみる

エンペラーサーモンの漬け丼の画像

うちではよく刺身を柵で買ってきて漬け丼をよく作るので、まずは漬け丼をつくることにしました。

せっかくいいサーモンを手に入れたんだから、まずは刺身でいただきたいですよね。

【材料(4人分)】

  • エンペラーサーモン  1パック
  • しょうゆ  サーモンがひたひたに浸かるくらい
  • ご飯  どんぶり4杯分
  • すし酢  適量
  • 大葉  5枚
  • きざみのり  適量

エンペラーサーモンを大きめのサイコロ状に切り、しょうゆに漬けておく

しょうゆにエンペラーサーモンを漬けた画像

いつもはメッチャケチってこれ以上ないくらい小さめのダイス状に刺身をカットするのですが、せっかくいいサーモンを使うので、思い切って大きめのサイコロ状にカットしました。

ボウルに切ったサーモンを入れ、上からしょうゆをサーモンが隠れるか隠れないかくらいのギリギリの量入れます。

しょうゆがサーモン全体に行き渡るように軽く混ぜ、冷蔵庫に入れて30分~40分ほど漬けておきます。

しょうゆしか入れてないので、あまり長時間漬け込んでしまうと辛くなりすぎてしまうので、他の料理を作っている間の短時間だけでちょうどいいです。

みりんを入れると甘みが出てマイルドになりそうですが、アルコール飛ばしたりなにかと面倒なのでしょうゆにだけ漬けてます。

ご飯にすし酢を混ぜ、酢飯を作る

別のボウルにご飯を入れ、すし酢を混ぜて酢飯を作っておきます。

どんぶりに酢飯とサーモンを乗せて出来上がり

エンペラーサーモンの漬け丼の画像

どんぶりに酢飯を盛り、その上にサーモンの漬けを乗っけます。

エンペラーサーモンの脂がしょうゆに溶け出していて、しょうゆがキラッキラしています。

さらに上から刻んだ大葉ときざみのりをまぶして出来上がり!

カンタンっす!

漬け丼はサーモンの脂が乗っていてトローリとろけるような食感

エンペラーサーモンの漬けを一切れ箸上げした画像

エンペラーサーモン身がしっかりしていておいしい!

臭みも全くありません。

脂がメッチャ乗ってるので、身がしっかりしているにもかかわらず、噛むごとにトローリとろけるような食感。

スーパーで買ったものより味わいも濃厚で、うま味がだんぜん強い。

少し大きめにカットしたので、贅沢感も出て非常にいい。

酢飯のさっぱり感と相まってより一層サーモンの甘み・うま味が引き立ってます。

いやー、うまいよ。

こんなウマい漬け丼が家で食べられるなんてうれしい。

うれしかったので、調子こいて2回漬け丼にしちゃいました。

レアステーキも作ってみる

エンペラーサーモンのレアステーキの画像

うっかりすべて漬け丼で食べ尽くしてしまいそうでしたが、せっかくなのに別の食べ方をしないともったいない!

完全に火を通してしまう食べ方だとなんだかもったいないような気がしたので、同梱の説明書きにおすすめされていたレアステーキを作ってみることにしました。

【材料(4人分)】

エンペラーサーモンを半分の厚みにカットし、クレイジーソルトを振る

エンペラーサーモンをパックからまな板に出した画像

エンペラーサーモンを半分の厚みに切ります。

贅沢に分厚いのを食べたいので、1パックを2人で分けることにして、1人半分ずつ食べちゃいます。

サーモンの表面に軽ーくクレイジーソルトを振りかけます。

エンペラーサーモンにはあらかじめ味付けがされているので、ほんとにパラっと味がつくかつかないか程度の最小限の味付けで大丈夫です。

バターで表面を焼く

フライパンにバターを入れ、エンペラーサーモンを4切れ入れた画像

フライパンにバターを入れ、少し溶けてきたらエンペラーサーモンを入れて焼いていきます。

フライパンでエンペラーサーモンの表面を焼いている画像

表面の色が変わる程度に1面1面クルクル回転させて焼けばもうできあがりです。

あっという間!

ほぼ切って焼くだけでオッケー!

レアステーキ、実食

エンペラーサーモンのレアステーキの断面画像

ひと口食べると、エンペラーサーモンの脂がジュワッと広がります。

肉厚でジューシー!

エンペラーサーモンのレアステーキの一切れの画像

表面を焼き固めているので、中に閉じ込められていたサーモンの脂がひと口噛むと同時にドーンとあふれ出してきます。

バターの風味とサーモンの脂が絶妙にミックスされて、よりサーモン自体のうま味がアップ。

1パックを大胆に半分に切って焼くのがいちばんおいしい。

小さく切ってしまうとこんなジューシー感は出ないと思います。

今回、解凍時間が3時間ほどだったので、半解凍で中心部分はまだ硬い状態でした。

表面の色が変わる程度にサッと焼いて食べたかったのですが、中身が冷たくてシャリっとしていると興ざめだなと思い、消えるか消えないかくらいの超弱火でゆっくり焼いてみました。

もう少し中がレアでもよかったかなとは思いますが、ジューシー感が出たのでよかったかな。

焼いても文句ナシうまい。

肉厚なエンペラーサーモンはシンプル調理で味わうのがグッド

左にエンペラーサーモンの漬け丼、右にレアステーキの画像

北海道白糠町エンペラーサーモンは、刺身でよし、焼いてもよし、どんな食べ方で食べてもバツグンにおいしかったです。

もう一度エンペラーサーモンのよかった点を3つ。

  • 小分け真空パックなので使いやすい
  • 賞味期限が1年近くと長いのですぐ食べきれなくても大丈夫
  • 肉厚で脂がのっていてシンプル調理で十分おいしい

1箱に1㎏、1パック250g程度の小分けパックが4つ入っているので、1回1パックずつ使えば、おいしいサーモンが4回晩ご飯で楽しめます。

賞味期限が1年近くあるので、1度食べたら次に使うまでしばらく時間をあけてチビチビ食べて楽しむつもりでしたが、あんまりおいしいのであっという間に完食してしまいました。

せっかく最高品質のサーモンが、スーパーでは売ってないような大きなブロックで送られてくるので、大胆にでっかくカットして贅沢に楽しむのがサイコーなんじゃないでしょうか。

満足感爆上がりでした!

白糠町のエンペラーサーモンリピート決定です!

楽天ふるさと納税でチェックしてみる

さとふるでチェックしてみる